ロレックス スーパーコピー 史に欠かせない、エアキングの魅力や系譜をご紹介いたしました。

スポーツロレックス スーパーコピーの中では相場が安定傾向で、2019年には下落した時期もありました。

しかしながら2022年の新作発表によって、また相場を上げていっており、もしかしたらエクスプローラーIのように、お買い得感が薄まってしまう危険性もあります。

その傾向がとりわけ目立つのが先代モデルにあたるRef.116900です。

2022年 新作モデル ロレックス エアキング スーパーコピー オイスター、40 mm

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール

オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

直径:40 mm

素材:オイスタースチール

ベゼル:スムース

ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)

ブレスレット素材:オイスタースチール

クラスプ:セーフティキャッチ付オイスターロック、イ

ージーリンク(約 5 mmのエクステンション

リンク)

ダイアル:ブラック

詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長

時間継続ルミネッセンス)

オイスタースチールの40 MMケース、オイスタークラスプ付ブレスレットと、特徴的なブラックダイアルを備えたエアキングは、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計なのだ。

2918年~2019年初頭に軒並みスポーツロレックスが高騰した頃も、エアキングだけは定価を割っている状況でした。

2020年夏頃から生産終了の噂とともに実勢相場はジワジワ高騰。他のスポーツロレックスと比べればまだお得感は強かったものですが、それでも2021年には100万円の大台を突破します。

そして2022年の生産終了によって、一時期は170万円台を記録。現在は130万円台~となっており、新作126900の出回りにもよりますが、エアキング全体で今後もこの高値傾向は続くと見られています。

また、第三世代にあたるRef.14000Mも、2017年には20万円台後半で購入が可能でしたが、現在は60万円台の水準に達しています。

どの世代にしろエアキングのご購入をお考えの方は、お買い得感が薄れてしまう「今」こそがご決断の時ではないでしょうか。

現行モデルはもちろん、生産終了したアンティーク時代のエアキングであっても、流通量が豊富で比較的手に入れやすく、今ならお値段も個体にもよりますが大きくは高騰していません。

そんなロレックスには珍しいコスパ抜群のエアキング。
ぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】:ルイヴィトンの偽物と本物の違い!

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s